レイキとは何か

レイキとは何か

生命力を活性化するエネルギー

レイキとは、全てを調和に導き、生命力を活性化するエネルギーです。様々な波長が存在する中で、生命力を活性化し引き出す力があります。病気や不調の時は、その人の中で不調和が生じています。レイキは、その不調和を改善し、調和している状態へと導きます。

精神的な不調和にも、肉体的な不調和にも作用します。病気や不調には、ハンドヒーリング(手当療法)を行います。ハンドヒーリングに始まり、レイキには様々な活用法があります。

自分の念を使ったり、氣を使わないので、疲れることなくヒーリングできます。

日本発祥の代替療法

レイキは、日本生まれの代替療法です。大正時代の末に臼井甕男(うすいみかお)氏が、臼井霊気療法を始めました。それが元となり、ハワイへ伝わり、アメリカから全世界に普及していきました。海外では「ウスイレイキ」として知られています。

日本では、ウスイレイキ、ウスイ式レイキ(霊気)などと呼ばれています。そこから派生して、現在では、レイキと呼ばれるものも種類も増えていますが、レイキと言えば、一般的には臼井霊気(ウスイレイキ)を指すことが多いです。

日本でのレイキの位置づけ

レイキについて、厚生労働省eJIMのページにも記述があります。その記述の中には、質の高いものがないとありますが、これは施術者(ヒーリングをする人)のレベルが様々であることを意味します。ヒーリングで施術をする人のレベルが高いレベルで保てると、この記述も変わってくる日が近いかもしれません。

厚生労働省eJIMnのページは、こちらです

レイキを使えるようになるには

伝授(アチューメント)を受けると誰でも使えるようになります。ただし、伝授をする側のレベルによって、伝授を受けた人のヒーリングレベルは変わります。

ヒーリング経験や伝授経験がないよりも、ある程度のヒーリングや伝授経験がある人から伝授を受けた方が、ヒーリングレベルが向上するのが速く、ヒーリング効果もわかりやすく現れます。

レイキの特徴

レイキ特徴

ここでは、レイキの特徴の中でも代表的な特徴をお伝えします。

特殊能力や精神集中は不要

レイキでのヒーリングは、超能力を含む特殊能力や念の力、集中力も、不要です。ヒーリングを行う際、人は、レイキヒーリングのエネルギーの通り道にすぎません。つまり、水道管(パイプ)のようなものです。通り道ですから、伝授を受けて、レイキを通せるようになれば、その日から誰でもレイキを活用できるようになります。

このように、特殊能力や集中力などがなくても、すぐに、レイキのエネルギーを受け取れるようになります。でも、最初から、レイキの通る量は多いとはいえませんし、質の良いレイキをもれなく通せる通り道でない場合が多いです。

伝授を受けて、レイキが通るようになった後は、レイキの通り道としてさらに磨くことが大切です。そうすれば、レイキを受け取る量も増え、質も良くなりますので、レイキでのヒーリング効果を実感できます。

修行や訓練は不要でヒーリング能力は一生もの

レイキを受け取るために、修行や訓練が不要というのも、レイキの特徴です。また、伝授を一度受けると、授かったヒーリング能力は一生そのままです。つまり、レイキを活用しなくなっても、レイキとの繋がりが切れることはありません。

ですから、しばらくレイキを使っていなくても、また使い始めれば、レイキが流れます。ただし、伝授を受けた後、あまりに長く使っていないと、レイキの通りが悪くなることもあります。

しばらく使っていないので、ヒーリング効果が落ちたと思われる時は、自己ヒーリングを小まめに行うことによって、ヒーリングを活用していた頃のレイキの通り方に戻っていきます。

信仰は一切必要ないヒーリング技術

レイキは、ハンドヒーリングですから、体表から少し離れたところに手を置きます。手をかざす状態です。それだけで変化が現れるので、怪しく思われることもあります。でも、手をかざすだだけで変化していき改善も見られます。

信仰しなければならないのでは?と思われることも過去にはあったようですが、信仰する必要はありません。また、思想信条なども自由を尊重されますので、個人的な信仰があるないに関わらず、そのようなこととは関係なく、全ての人に平等にレイキは流れます。

レイキは、宗教とは一切関係ありません。

心や体を健全にするだけでなく、人生も豊かにするもの

単にレイキは、心や体の不調や病気を改善する後押しをするだけでなく、人間そのものの生活を豊かにするものとして伝えられています。体や心の不調や病気を改善した後は、自分の体や心のリズムを把握し、自然のリズムと調和しながら、安心の中で豊かに生活できる支えになります。

アチューメント(伝授)が必須

レイキを使えるようになるには、アチューメントが必須です。アチューメント受けず、レイキと繋がるには、数十年あっても難しいと言われています。

アチューメントの方法が残されているからこそ、レイキは誰でも一定レベルまで活用できるようになるのです。

アチューメントとは、レイキが通せるように、波動調整を行うことです。この波動調整をアチューメントまたは伝授と言います。アチューメントと伝授は、ほぼ同じ意味で使われています。厳密に言うと違いはあるのですが、レイキ伝授とレイキのアチューメントは、同じ意味で使われている場合が多いです。

このアチューメント(伝授)を受ければ、その直後からレイキが流れるようになります。

レイキでの手当療法をレイキヒーリングと言いますが、アチューメントの後はレイキヒーリングができるようになります。

アチューメント後の体への作用

アチューメント後は、体に蓄積した不要なものを排泄できる能力が向上します。例えば、便秘気味の場合は、便秘も改善します。また、自然治癒力と言われる自己回復力も高めますので、病気や不調に見舞われた時の回復も、アチューメントを受ける前よりも速くなります。

アチューメント後の精神的な作用

アチューメント後には、リラックスできて、眠りが深くなることがよく見受けられます。緊張をほぐしますので、呼吸も深くなり、過度の不安感や恐怖心も湧いてこなくなっていきます。精神がいつも落ち着いた状態を保てるようになります。

アチューメント後にお寄せいただいたお声

アチューメント(伝授)の後には、変化が起こります。

手の感覚も変わってきますよ。レイキ初級講座のアチューメント後に次のようなお声を頂きました。

「授業が終わって、ヒーリングの感覚がとっても熱くなってエネルギーがボーっと出てる感じがありました。

1つ目のヒーリングをしたら、おでこに昔からあった治らない湿疹の量が明らかに減っていてビックリしました。これからが楽しみです。」

アチューメント(伝授)は、初級、中級、上級の各レベルで行われます。それぞれのレベルのアチューメント後には、今までの感覚と違ってきます。

 

気功との違い

レイキは、気功とは違います。気功は、鍛錬が必要です。また、他の人に氣のエネルギーを流す場合、氣のコントロールは施術者が行います。

一方、レイキは、氣のコントロールを自分で行うことはありません。つまり、他の人にレイキを流す場合、レイキをどのくらいの量流すのかということは、施術者がコントールするのではなく、レイキ側がコントロールします。

ヒーリングを受けてくれる人に合った量と質のレイキのエネルギーを、レイキがコントロールして、流してくれます。施術者は、あくまで、レイキエネルギーの通り道です。

まとめ

今回は、「レイキとは何か」ということについてお伝えしました。

レイキは、民間療法の1つですが、海外では医療従事者の研修のカリキュラムに登場することもあるそうです。アチューメント(伝授)を受けた後は、すぐに使えるようになります。

そして、レイキは、様々に活用できます。そんな活用法や活用事例を学べます。無料のメール講座で10日間でレイキのポイントがサクッと分かりますよ。

レイキの活用法に興味がある場合は、お名前(姓のみ)とメールアドレスを記入して「購読する」をクリックまたはタップして下さると、その日からレイキの活用法を学べます。

ゼロから始めてプロレベルまで10日で学べるレイキ活用法
お名前(姓のみ)  *
メールアドレス  *
タイトルとURLをコピーしました